Google+ Followers

2016年8月24日水曜日

RealmデータベースでdeleteAllした後のデータ復元は可能か

次世代モバイルデータベースっていう風に言われているRealmを使ってみた。
アプリで実際に組み込むのは初めてなので無知な点が多々あります。
気づきましたらご指摘ください。

公式ドキュメント(https://realm.io/jp/docs/swift/latest/)には以下のように書かれている。

※公式ドキュメントより引用
下記のように、Realmに保存されてるオブジェクトをすべて削除することもできます。 ディスクスペースを効率的に再利用するために、Realmファイルのサイズはそのまま維持されることに注意してください。


// Realmに保存されているすべてのオブジェクトを削除します。
try! realm.write {
  realm.deleteAll()
}


ということはdeleteAllしただけでは実データは削除されないんじゃないのか、ってことで試してみるとやはりフラグを書き換えるだけであっさりRealm Browserで削除したデータが見れるようになった。

実験データは準備できたら更新します。

2016年8月16日火曜日

在日中国人(永住権あり)が台湾に行くためのビザ申請

久々に海外。
今回は近場で手頃な台湾に遊びに遊びに行こうと思います。

日本人なら難なく観光に行けますが外国籍となると面倒なのだ。
お金に余裕があるなら旅行代理店に任せちゃった方が楽です。

私みたいに貧乏な人は自力で取りに行きましょう。
ネット経由でも申し込みはできるみたいですが、今回は自分の足でいきました。


持ってくもの
★パスポートの写真面のコピー
★在留カードのコピー
※コピー機あるので現地でコピー可能
★住民票
★旅程表 ※事前の電話で確認した時は言われなかったけど申請事項記入時に必要
★証明写真 3.5x4.5 ※これも現地で撮れる
★お金 シングル1900円 マルチ3800円

白金台駅の地上に出たら、左側に進んで2つ目の信号を渡って、
小さい路地に入る。50mほど進んだところの左側に入口がある。

中に入ったら、

① 6番窓口で申請用紙をもらう
② 記入し、パスポートコピーを切り取って貼る、証明写真も貼る
③ シングルかマルチか聞かれるので答える
④ 支払いをして終わり


混んでなければ15分くらいで終わりです。
ネット経由じゃないと受取に来ないといけないのかな?
8/16申請で、9/2受取予定。受取できないと9/3出発できない!!!

余裕を持って申請しましょう。

ちなみに申請用紙どこにも置いてなくて、知らない人に尋ねたらネット申請しないとダメって言われたけどそんなことないですよ!!!

2016年8月2日火曜日

Apache Cordovaを利用したiOSアプリでCustome URL Scheme呼び出しでhandleOpenURLが呼び出されないエラーの対処法

タイトルが長くなってしまった。

そして、久しぶりにブログを書きます。
どういうキャラで書いていたのかも忘れるくらい。

久しぶりなので前置きが長くなるのは許してください^^;;

ちょっとCordovaとの出会いについて。。。
ハイブリッドアプリのいうワードの加熱期をすぎ、騒がれなくなりましたね。
既存のウェブ技術でモバイルアプリが開発できるのでウェブのフロントエンドデベロッパーにはもってこいの技術。
さらにオンライン上で開発ができるMonacaっていうサービスもあるし簡単に始められる。

私が仕事でハイブリッドアプリを作り始めたのは2014年ごろ、やはりMonacaでした。開発に参加した当初はMonaca上で開発していました。
しかし、無料アカウントだと色々と制限があったので、Cordovaに全て移行することになって現在まで来てると。

本題に入ります。
なぜ、ブログを書くのかというと久々に3、4時間くらいハマった問題(タイトルの通り)があったからメモしないとまたいつかはまるかもしれないので。

◆環境
・Macbook Pro 15 2015late
・Mac OS X 10.11.6
・実行環境:iPad Pro 9.7 iOS 9.3.3
・Xcode 7.3.1
・Cordova 6.3.0
・bower 1.7.9(これは使わないけど一応)
・Atomエディタ
・リソース管理やビルド作業にはshell scriptとgruntを使ってます