Google+ Followers

2015年7月4日土曜日

Recon Jet向けAndroidアプリ開発:開発準備編

昨今話題になっているメガネ型のウェアラブルデバイス「Recon Jet」
詳細はここ→http://www.reconinstruments.com/products/jet/

ようやくSDKが公開されたので早速アプリを開発しましょう!
ということで準備しましょ。

【注意事項】
Androidアプリの開発環境がすでに整っている前提とします。
また、ご自身の環境に合わせて読みといてください。

■環境
OS:Mac OS X 10.10.4
Java:1.8

■必須
事前にRecon JetのOSのバージョンを最新の4.2.0(2015年7月3日現在)にアップデートしておいてください。

本家のページを参考にすれば数分でセットアップは終わります。
http://www.reconinstruments.com/developers/develop/getting-started/recon-sdk-4-api/

1、Android Studioを起動します。Configure→SDK Managerを起動します。
2、一旦すべてのチェックをはずしてから、APIレベル16(4.1.2)のSDK PlatformとSources for Android SDKを選択しインストールする。
3、次にRecon SDK Add-Onをインストールするために、SDK ManagerのToolsメニュー→Manage Add-on sitesを選択する。
4、User Defined Sitesタブを選択し、Newを選択する。
5、http://www.reconinstruments.com/wp-content/recon-sdk/repository.xmlを入力してOKを選択し、Closeを選択する。
6、Recon instruments SDK Add-onが追加されているのでインストールする。
7、appモジュール内のbuild.gradleを開いてcompileSdkVersionの項目を下記のように修正する。
compileSdkVersion 'Recon Instruments:Recon Instruments SDK Add-On:16'
8、ついでに、targetSdkVersionをついでに「16」に変更します。
9、このままだと実機(Recon Jet)を接続しても表示されないので、Adbを差し替えます。
9−1、http://www.reconinstruments.com/wp-content/recon-sdk/adb.zipからダウンロードする。※3つのバージョンが入ってます。
9−2、./adb kill-serverで一旦終了させてから、既存のadbはadb.orgなどにリネームして置いておくといいと思います。
9−3、解凍したadbに置き換えてください。
10、アプリを実行してみてください。めでたくReconJetが表示されれば成功です。